2009年12月アーカイブ

 NTT東日本の子会社、NTT東日本ー東京中央は銀座のNTT京橋ビルにミツバチが集まるための花壇を設置した。NPO法人銀座ミツバチプロジェクトの活動に協力し、身近な環境を考える地域貢献活動に取り組む。
 ビルの屋上の花壇は約30平方メートル。四季の花を随時植える予定で、第一弾として菜の花とラベンダーの苗を植えた。花や水やりなどは同社社員がボラン ティアで行なう。約250メートル離れた紙パルプ会館で養蜂されるミツバチが花壇に飛んできて、花の蜜を集める。花の生育状況やボランティア活動の様子を 同社のブログで紹介する。

イタセンパラ.jpg
国の天然記念物に指定されている淡水魚「イタセンパラ」などの希少なタナゴ類が、木曽川水系で密漁され、不正取引されている疑いの強いことが23日、愛知県警への取材で分かった。県警は種の保存法や文化財保護法違反容疑にあたるとみて関係者から事情を聴くなど捜査を始めた。イタセンパラは絶滅危惧種の中でも「絶滅の恐れが極めて高い種」とされる。
 捜査関係者などによると、密漁などの疑いが持たれているのは愛知県一宮市の男性ら。男性らはイタセンパラなどの希少種を無許可で捕獲。自宅の水槽で飼育していたほか、淡水魚の卸業者などに不正に販売したり、他の希少種と交換するなどしていた疑いがあるという。取引相手は岡山県や九州地方など各地に及んでいるとみられる。
ki.jpg先日、メリーメイドの姉様たちと仕事の帰りにふとみると、会社の車庫に大きなトンガリぼうしの木があって、「あれはきっとクリスマスツリーにする木だね」と話していました。
お客様からツリーの依頼があったのかな? と思って、トゥルグリーンの瀧井店長に聞いてみると、「ツリーにするのはもみの木で、これは違うよ」と教えてくれました。
最近は植樹の依頼も多くて、軽トラの荷台に木を積んであちこち走りまわっているそうです。
先日は常緑樹、今日は欅のお問い合わせがありました。
欅ってなんて読むのかと調べると「ケヤキ」でした。
魚編に難しい字が多いと思っていたけれど、木編もなかなかどうして、なんだと思いました。

花と庭木のお手入れ
お問い合わせ
nezumi.jpg 1949年と言えば毛沢東率いる中国共産党が南京を制圧し、中華人民共和国を建国した年のこと。愛媛宇和海沿岸に大量のネズミが発生するという騒動が起こった。
 北緯33度東経132度、宇和島港沖合いの戸島にあったトウモロコシ畑を壊滅に追い込んだドブネズミたちはその勢いにのって南下政策をとり、農作物、水産加工物を食い荒らしながら、10年後には四国本土の宇和島市内にまで勢力を拡大した。
 おどろいたのは市民達。慌ててその対策のため、北宇和郡野鼠撲滅委員会、ついで宇和今海岸地方鼠族駆除対策委員会を結成し、パチンコやネズミ捕りで増加するネズミ達に抵抗した。しかし極度に増えたネズミたちにはあまりにも弱い対策でしかなく、凶暴化したネズミたちはそのうち人間の赤ん坊に噛み付くという事件までおこすようになっていった。
 委員会は、ネズミを退治して、その尾を持ってきた人には奨励金を出すという、一種の懸賞金までかけてネズミの駆除に力を入れる。が、大量化したネズミ軍の中にあって微力な人間の力など焼け石に水で、ほとんど効果はあがらなく、市民達は途方に暮れるだけであった。
 そんな騒ぎのさなか、「ネズミにはやはり猫であろう」と一人の老人が言った。

 昔から猫はネズミの天敵であった。
 島の漁民達はかつて、その猫たちを商売品のイリコを食べる悪いやつだと島から追い出してきた経緯がある。
 また、島の農民達は農業の効率化を図り、付近の山々にあった自然林を開拓し、山頂までも段々畑に変えてしまった。そのため、自然が極端に少なくなり、ネズミにとっての天敵、蛇やイタチなどもそれに伴って少なくなるという現象もおこっていた。
 「猫様に謝るんじゃ。猫様を粗末にした罰がこんな形となって現れたんじゃ」
 老人の声に、困り果てていた市民達は反省し、藁にもすがる思いで猫に頼ることを決め、その日のうちに全国の猫たちに招集の広告を発行することにした。
 「四国、宇和海近郊に勇敢な猫募集中。待遇は三食昼寝付き。ノルマは一日ネズミ三匹。腕に自信のある猫大歓迎」

 あるものはレストランの裏で残飯をあさっているとき仲間の口からその話を聞き、あるものは朝の集会で古寺の境内に集まったとき長老からその話を聞き、・・・猫たちはおのおのに考えた。
 飼い猫は家を捨てるわけにはいかないが、あぶれものの猫たちはどのみち行く宛もない。
「今まで野良猫、どら猫と周りの人たちから蔑まれ、肩身の狭い思いをしてきたが、ようやっと己の行くべき道が決まった」とじっと宙を睨む。
「さてはオレたちの時代の到来か?」「今こそ己の力を試す時ぞ」と。
日本全国津々浦々のあぶれ猫たちは南へ南へ、小躍りしながら駆け出す。その数、実に4392匹。
 ちなみに蛇が191匹、イタチが156頭、三食昼寝付きにつられてやってきて、猫とともに戦ったが、これはおまけの話。

 いいだしっぺの老人は、集まった猫たちを宇和島市立三間小学校に整列させ、その猫達の中でも最も恰幅のいい一匹を選んで総大将に据えて、そしてその総大将猫の指揮のもと出陣式をあげた。
 「にゃいにゃいニャー」と雄叫びをあげて、猫たちは己の魂を鼓舞し、「Go!」の合図を聞くや否や、瞬く間に全島に散らばった。あるものは早速五匹ものネズミを召し捕り、またあるものはネズミの巣を見つけ勢い良く飛びかかる。
 老人は「これでよいようになるじゃろう」と鼠族駆除対策委員会の面々に向かって頷き、委員会の面々も頼もしげに猫たちを見やった。

 ところが、二日三日と過ぎるうち、猫の数が目に見えて減っていき、やがて一週間もすると島内に猫たちの姿がほとんど見かけられなくなった。
 老人は首を傾げる。「これは変だぞ? さては猫ども、いつもの怠け癖がでてしまい、ネズミ捕りそっちのけで眠りこけているのではないかしらん」
 自分が言い出した猫投入作戦だっただけに、老人は少し慌てて島中を歩き回って調査をする。
 すると、なんと猫たちはあちこちに散らばってゴロゴロ死んでいるではないか。
 猫たちの死体を司法解剖にまわしたところ、胃より致死量をはるかに上回るフラトールが摘出され、哀れ猫たちはネズミ捕りの毒にやられたのだとわかった。
 ネズミたちは10年もの間、人間の作った毒の撒き餌を食べるうち、徐々にその毒にすら慣れてしまったのに対し、猫たちはまったくその抗体を持たなかったため、その毒入りの餌を食べたネズミを食べて死んでしまったのだ。
 中には死んだ後その肉をネズミにかじられてボロボロになっている猫さえいた。
 老人は哀れな猫たちの亡骸をかき集め、抱きかかえて泣いた。海辺の一箇所にかき集め、火葬して墓に埋めた。
 猫たちを倒したネズミ軍はますます意気盛んに作物を喰い荒らす。
 とどまる所を知らぬネズミの暴威に市民たちは、「これはいよいよ島を捨て、皆でどこか揃って流浪の民になるしかあるまい」と相談し、己の境遇の哀れさに泣いた。
 目先の利益のみに気を取られ、無計画な開発を押し進めてきた自分たちの愚かさを呪った。
 猫投入の作戦をたてた老人は、悲しみに打ち拉がれて一人寂しく死んだ。
 もう町に未来はないと、皆が思った。
 と、そこに一人の青年がやって来る、とくれば後はお馴染みの英雄譚。
 東京都港区のダスキン木村、石井一右店長と彼の率いる害虫駆除のプロフェッショナル、ターミニックスご一党。
さてさてどうやってこの凶悪なるネズミどもを退治するのやら。
後は次回のお楽しみ。チャンチャン

ネズミ駆除はこちら
お問い合わせはこちら
ugougo.jpg
広島からやってきた宇郷隼平さん。
ネズミ、ゴキブリ退治の部署に配属になりました。
以前は飲食店に勤められていましたので、お店のお客様の立場からいろいろ良い提案が期待されております。
まだまだ実力は未知数ですが、どうぞよろしくお願いします。

ネズミ退治はこちら
ゴキブリ退治はこちら
お問い合わせはこちら

このアーカイブについて

このページには、2009年12月に書かれた記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2009年11月です。

次のアーカイブは2010年1月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。